ニキビは食事を見直すことで改善できるかも

ニキビができる原因の重要な原因が食事。

 

普段の食事を見直すことで、今ままで悩まされ続けてきたニキビが改善するきっかけになるかもしれません。ニキビにいい食べ物は、以下の通りです。

 

ビタミンAを多く含む食事

 

ビタミンAを多く含む食事には毛穴のつまりを予防する働きがあります。ビタミンAを含む食事としては人参やほうれん草、カボチャなどがあります。

 

 

ビタミンCを多く含む食事

 

ビタミンCには抗酸化作用があってこれが肌の免疫力を高めニキビができにくい肌をつくるといわれています。ビタミンCを多く含む食事には緑黄色野菜や果物などがあります。

 

ビタミンEを多く含む食事

 

ビタミンEは血液の循環を改善する働きがあって肌を健康な状態に保ってくれる作用があります。ビタミンEを含む食事にはレバーや緑黄色野菜があります。

 

ミネラルを多く含む食事

 

ミネラルは肌のターンオーバーを促進する働きがあるので、古い角質が毛穴に詰まってニキビができるのを防いでくれるでしょう。ミネラルを多く含む食事には牛乳やキャベツなどがあります。

 

 

 

食物繊維を多く含む食事

 

食物繊維は皮脂の分泌を抑える効果があります。そのためニキビの予防になるのです。食物繊維を多く含む食事には根菜類などがあります。

 

このような栄養素を含んだ食べ物を積極的に食べることで、ニキビを予防することが可能です。結局毎日バランスの良い食事を摂取することが大切だ・・・ということになってしまうのですが、意外とこれだけでもニキビが改善することは多くあります。

 

またこのようなバランスの良い食事はニキビだけでなく、お肌にもよいですし、体にもよいものです。ニキビが改善するだけでなく、便秘が良くなった、低血圧が治って朝起きるのがつらくなくなった、など体質改善の可能性もあるので、すぐに全部とはいかなくても少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか?