ニキビになりにく洗顔のコツ

何歳になっても気になる大人ニキビ。
思春期にできてしまうのはしょうがないとしても、20歳を過ぎてもポツポツできてしまうニキビは本当にいやなものです。

 

ストレスや食べ物、生活習慣などいろいろな原因はあるけれど、まずは洗顔を見直してみることも大切ですよね。
大人ニキビ改善のための洗顔の5つのポイントをまとめてみました。

 

 

洗顔はごしごししない

 

毛穴の汚れや皮脂をしっかり除去しようとしてごしごし洗顔する人がいますがそれは間違い。ゴシゴシとこすることで肌のバリア機能が低下してしまいニキビができやすい肌になってしまいます。また皮脂を除去しすぎることで皮脂の分泌を促し、かえって毛穴に皮脂が詰まりやすくなるものです。

 

 

オイルタイプのクレンジング剤は厳禁

 

メイクを落とすのにオイルタイプのクレンジング剤を使うのは厳禁。肌を傷めバリア機能を低下させてニキビができやすくなります。

 

 

泡は十分に立ててから洗顔

 

 

洗顔をする時には洗顔料の泡は十分に立ててから洗顔すること。泡で肌を優しく包み込むように洗顔することで、肌に負担をかけないようすることが大切です。またキメ細やかな泡はしっかり毛穴の汚れも落としてくれます。

 

 

すすぎはたっぷり丁寧に

 

丁寧に洗顔をしてもすすぎがしっかり行われなければ意味がありません。すすぎ不良は汚れや洗顔料が毛穴に残り炎症やニキビがひどくなる原因になります。

 

 

 

洗顔後に使用するタオルは清潔なものを使う

 

ここまでキレイに洗顔をしたのに汚れたタオルを使っていては意味がありません。せっかくキレイに洗車をしたのに、汚い雑巾で車を拭いているのと同じこと。清潔なタオルを使わないと肌が汚れニキビがひどくなる原因になります。

 

 

さらには洗顔の回数も重要です。

 

洗顔は回数を増やすことでニキビに効果があると思いがちですけど、実は洗顔のし過ぎはニキビがひどくなる原因になります。
目安は1日1回から2回くらいがいいんですよ。

 

 

いかがでしょうか?ニキビには洗顔をガンガンすればよくなると思っていた方も、逆に間違った洗顔をしてニキビが悪化していたかもしれませんね。

 

最後に洗顔後に保湿をきちんすることも忘れてはいけません。保湿をして肌のバリア機能を高めることで、ニキビができやすかった肌からできにくい肌にしてあげることで、ニキビへの免疫がついてストレスや食事でもニキビができにくくなることでしょう。

 

⇒ニキビにおススメの保湿ケアはこちら